ご機嫌いかが? 笑っているときが一番いいね。喜ぶ人のために美味しい料理を!
2014年7月21日

いつまでも美しい肌いるために・・

いつまでも美しい肌いるために・・

若い頃はあまりお肌のことも気になりませんでいたが、お肌の曲がり角過ぎてくるとさすがに

気になってきますね

お化粧してもそのまま寝てしまうことなんてとんでもないことですが、

10代の頃はそんなことがあったのかも知れません



友達との飲み会などは夜は遅くまで飲んでも必ず、お化粧は落としてベッドへ入りました

洗顔は特に大事です

洗顔方法は、手に洗顔料をつけてきめ細かい泡が出てくるまでしっかり泡立て、ぬるま湯で優しく洗います

顔の肌は思ったよりもデリケートにできていますので、擦らないように洗います

洗顔用のネットもあるので、ネットを使って泡立てる楽チンです



洗いすぎでお肌を傷つけてしまうことがありますから気をつけましょう

洗顔あとにセラミドがなくなっているので、終わった後のスキンケアーは大事です



セラミドとはもともと人の肌にある保湿成分です

その保湿成分が失われたら、補わなければなりません



そのままだと紫外線によってお肌を痛め、細菌にも弱くなります

そのためお肌の保湿が必要になります

(紫外線はシミやしわのもとになります)



化粧水、保湿クリームで補います

化粧水にも普通肌、乾燥肌、敏感肌、にきび肌と

人によって違ってきます

若いときのにきび肌、年齢とともに肌も変化してしていき使用する化粧品も年齢とともに

変化してきます



自分の年齢にあった、自分の肌に合った化粧水が一番です

肌に合わないとき時は肌につけた後に赤くなって、かゆくなった経験があります

そのときは、すぐに洗ってを落としたことがありました

敏感肌だったのでしょう



化粧水を買うときには気をつけています



年齢とともに肌も違ってきます

若い頃使っていたけれど、肌にあわせて乾燥肌になってきたりします

その時にあわせて化粧品も肌に合わせています



いつまでも若々しくあるために努力も必要なんです
←次の記事
スーパーでお買い得をするために