発想力を鍛えるために必要なこと

発想力を鍛える方法
発想力という能力をどうやってきたいたらいいのか



たしかなことはわかりませんが、しいて言うならば、
周囲で起こっている、より多くの状況と結果に触れることだと思います。
そしてその時々の状況のよいところや悪いところ自分なりに考えてみましょう。
良いところは真似をして、悪いところは自分が陥らないように注意をするのです。
こうゆう事を繰り返すことによって、ものごとを多面的にとらえることができるようになり、だんだん頭が柔らかくなってくるのではないかと思います。

なので、他人の行動を自分なりにチェックすることも経験の一つということが出来ます。
ほかの人の行動を見て、どういうふうに考えているのだろうか、さすがにうまくやってるな、なるほどこういうやり方もあるのか、などと考えながら周囲の状況チェックすることが勉強になります。

もちろん、誰しもそう言った事は、すでにやっていると思うのですが、それらの一連の事をより強く意識しておこなっていくのです。
ばくぜんとではなく明確に意識しながら、自分の考えを刻んでいくのです。そうすれば確実に考え方の領域を広げることができると思います。

ところで、良いところは真似をして、悪いところは自分が落ちらないように注意するというのは、とてもうなずける話です。
要するに何事からも学び取ろうという姿勢を持つことが、発想力を鍛えるには必要なことではないでしょうか。