ハッピーママのライフスタイル
ご機嫌いかが? 笑っているときが一番いいね。喜ぶ人のために美味しい料理を!
2018年11月16日

佐賀の祐徳稲荷神社へ行ってきました。

11月に入ると、あちらこちらから紅葉の便りが届けられるようになりましたね。
おばはんも以前行った、紅葉の観光地を思い出しているところでした。
テレビで見るだけではちょっと寂しいなあ。


祐徳稲荷神社

そんな時に、佐賀の祐徳稲荷神社に行くことになったのです。
まるで遠足に行く子供みたいに心ウキウキ、上機嫌。
天気は最高です。

車の中から見る佐賀の風景は、所々に紅葉も見られ、家の片隅には、真っ赤に熟した柿がたくさんなって、
柿の重みで、絵だが垂れさがっている様子はまるで、一枚の絵にもなりそうでした。
鼻歌まで出そうだ。
♪うさぎ追いしかのやま〜小鮒釣りしかの川〜♪


広い佐賀平野は周りには田んぼと家ばかり、山は遠くに見えるだけです。
そんな中に祐徳稲荷神社はありました。
大きな鳥居を通りお店が並ぶ中を抜けた奥に駐車場がありました。
ここは無料です。無料なところは大好きです。(^-^)

フランスから来た外国人の観光客もいました。
こんな田舎なのにねえ。気になる外人さんでした。


イチョウの後ろに本殿

お稲荷さんは何処も朱色ですよね。祐徳さんも鮮やかな朱色で、山の中腹あたりに鎮座しているのでチョット圧倒されますよ。
おばはんもすぐにカメラを取り出しました。
七五三祝いの親子の姿や、台湾か?韓国?らしい観光客の姿もありました。
さすがに観光地。
伏見稲荷、笠間稲荷とともに日本三大稲荷神社の一つで、年間300万人訪れてるようです
それも、外国人が多いそうです。


左馬

本殿は階段を登っていくのですが、おばはんの気になったのは境内に左馬の像があり左を向いている馬ですが、左馬は縁起が良いとのこと。
治してしてもらいたい場所があれば、そこを撫でると効き目があると聞き、早速、頭、お腹、足など撫でましたよ。
ご利益があればいいけれど。

大きな絵馬に書かれている馬の字も逆でした。

本殿を参拝した後に、今回初めて奥の院まで行こうと歩き始めましたが、奥の院は本当にきつかったなあ。
最初の階段は、それほどきつくはなかったのですが、途中からです。
もうそろそろ奥の院がみえてくるころかな。・・・?
たどり着いたら、そこからまた200メートルの矢印があるのです。
(もう無理)・・と言いたいところだが、元気なふりして一歩一歩、階段を歩くおばはん(T_T)
心臓は大丈夫か・・・?


彼方に佐賀空港や有明海

山の200メートル、大変と思うのはおばはんだけかな・・?
途中に休憩場所がありそこから見える景色はすばらしかった。
遠くに佐賀空港、それに有明海がきれいに見えていました。ノリの養殖場までも・・・!


奥の院

少し休んでから最後の階段を登りつめたところに、
夫婦社その奥に奥の院が鎮座していました。
しっかり参拝いて、帰り道はまた違った参道ですが、登りよりは楽でしたよ。


下りのにある鳥居

石畳の階段を踏みしめて、下りです。途中にもいろいろ珍しい社があり、お参りをしながらの下りです。


途中の鳥居と石壁社

久しぶりの参拝でしたが、いい運動にもなりました。
やはり日ごろから足腰は鍛えておかないとこんな時が大変なんだと痛感したおばはんです。

ご参考に春にはつつじや桜の花がとてもきれいな祐徳さんです。

2018年11月9日

アメリカミズアブが卵を生んでいるところを見つけました。

アメリカミズアブが卵を産んでいました。


卵を産むアメリカミズアブ

野菜作りにはいろいろ手間がかかりますね。
植えるための畑づくりや、堆肥、その作り方など、市販の肥料ももちろん必要ですが、生ごみで堆肥を作ることはこれはいい考えだ、しかし生ごみを処理するのも大変です。

今我が家ではその生ごみから堆肥を作ています。、野菜のためにもいいでしょう。
おばはんは野菜を作り、我が家の頼りにしているパパが、その成長に欠かせない堆肥を作っています。

結構堆肥づくりも大変なんです。
生ごみを米ぬかと混ぜて1週間ぐらい置き、その生ごみから出た液は別の容器に移して、保管です。
それをおばはんは、野菜たちに薄めて、かけています。
そのせいでしょうか、野菜は元気です。

我が家の生ごみは野菜畑で野菜たちに貢献してるってわけです。。
臭いはチョットするかな・・?

生ごみを腐葉土と土とを混ぜて置いておきますが、そこで発生するのがハエたちです。どこから入ってくるのか不思議・・?
堆肥づくりを初めてから、ハエが多くなったのです。
そのハエ退治にパパは悪戦苦闘中です。

ハエが入ってこないように周りをしっかりガードしていました。
ハエが少なくなってきたなあ〜〜〜なんて思っていたところ、その堆肥入りの入れ物に、それもしっかりガードしたその隙間1ミリもあるだろうか・・・?
その隙間にハエが止まって、動かないんです。
パパが「ハエが卵を産んでいる」と一言
よく見ると、隙間にお尻の部分を入れて、動かない。
何分ぐらいたったでしょうか・・?


反対をむき卵を産むハエ

お尻を離して反対の方に身体を変えてまた、数分です。
お尻を動かしていたから、たぶん卵を押し込んでいたのかな・・・?
そのあと飛んで行ってしまいました。


堆肥の入れ物

パパが堆肥入りの入れ物の蓋を開けたら、蓋の横に小さな卵がたくさん付いていました。
パパ:「これなら卵を産んでもわからないはずだな」
たまたま、ハエが卵を産んでいるところを見つけたから、わかったけれどね。

卵はガムテープでしっかりとったみたいでした。
ハエたちもしっかり生きているからね。
おばはんたちはそんなハエたちが残していく、卵の処理に追われています。


アメリカミズアブの卵

ちなみに見つけたハエはアメリカミズバエというそうです。
普通のハエよりちょっと大きいハエです。

2018年11月9日

大根が立派に育ちました。その大根に穴が空いていた。おばはんの菜園日記

初めての大根の収穫から数日たって、収穫はまだかなと思っていた大根が大きくなりました。
最初の大根よりも少し大きくて、大地にしっかりと根付いていました。
よくぞ育ちました。


土の中から大根が

植わっている大根の中では、この大根が一番かな・・?
今が取れどき、早速収穫してきました。
この大根は大根おろしに一品、なにしろパパが大根おろしが大好きらしい。
本当に知らなかったわ、何十年一緒にいたのか・・!
一度も聞いたことはなかったような気がするが・・?
あの辛みが好きらしい。

近所のおばさんにもおすそ分けで、喜んでもらった。
そのおばはんも、大根おろしが大好きなんだって・・・!
新鮮で、無農薬だからね、

初めの挑戦で、失敗も覚悟の上でしけれどね。期待も大きかったな。
野菜作りの皆さんが、「植えておけばできるよ」・・・って言うけれど、いや植えるだけでは、だめなんだと、作ってみて初めて知ったなあ。
野菜作りは難しですね。
しっかり、管理もしないとね。
何もしなかったら、虫に食われて、丸裸にされていたところだった。(苦笑)

でも、まだまだ謎の部分も多いけれどね。


穴があいた大根

その一つです。
大根の葉っぱは虫が来て、おばはんは虫取りに追われていましたが、(特にヨトウムシ)。
収穫してみると大根にも穴が空いていていたのです。
葉っぱだけでは足りないのか・・・?それとも違った虫なのか・・・?

近所のおばさんが言うには、コオロギなんかも食べるらしい。

大根の表面に穴があいているのは 虫が食べているようですね。
穴にもいろいろあるけれど、表面にでこぼこの穴は、キスジミノムシの幼虫らしいがおばはんの大根は大きく食べられてる。
土の中で食べているから、何の虫なのか本当のところ分からなかった。


野菜についた虫たち

それでも他の大根はたぶん大丈夫でしょう。

来年はもっと本数を増やして植えようと思ったおばはんでした。
野菜作りは楽しいな・・(^O^)/